キャッシングとカードローンでお金借りる

キャッシングとカードローンの違いとは

キャッシングとカードローンでお金借りる

キャッシングとカードローンは似たような意味で用いることもありますが、厳密にはそれぞれ違う意味を持っています。

 

それぞれの特徴を以下で説明していきましょう。

 

キャッシングとは

キャッシングとは、業者が発行しているクレジットカードやキャッシングカードを使い、ATMなどから少額の現金を借りることをいいます。

 

実際に現金を引き出さず、インターネットで指定の口座に振り込みしてもらうことを「オンラインキャッシング」、または「インターネットキャッシング」と呼ぶこともあるようです。

 

主にリボルビング払いで返済していきます。

 

カードローンとは

カードローンとは、決められた限度額内でお金を借りることをいいます。

 

決められた限度額以内なら、いくらでもお金を借りることが可能です。

 

カードローンは消費者金融や銀行などが販売しています。

 

返済は、主にリボルビング払いが採用されているようです。

 

 

カードローンとキャッシングは気にしないでも良い?

カードローンとキャッシングの違いについては、特に気にする必要はないかもしれません。

 

どちらも借金であることには変わりありませんので、返済計画を立てたうえでお金を借りることが大切です。

 

業者の金利や返済方法、返済期間、限度額などを比較し、自分に合った業者をお選びください。

 

ちなみに、信販系のカードローンを利用する際には、総量規制がかかるということを覚えておきましょう。

 

限度額が高めに設定されている信販系カードローンでも、基本的に借りられるお金は年収の3分の1までとなっています。

 

 

⇒お金借りるなら気を付けたい3つのポイントとは?