学生がお金借りる時と総量規制

学生にも総量規制は適用されます

各キャッシング業者が定めている条件を満たしているならば、学生の方でもキャッシング業者からお金を借りることは可能です。

 

ただし、消費者金融系のカードローンでお金を借りる場合、総量規制の対象になるということを忘れてはなりません。

 

借りることができる金額は、アルバイトなどで得た年収の3分の1までです。

 

それ以上のお金を消費者金融系のカードローンで借りることはできません。

 

また、学生でアルバイトなどをしておらず、収入がない場合はカードローン業者と契約することができませんので、ご注意ください。

 

そして、忘れてはならないのが、20歳以上の成人であるということです。

 

すべてのキャッシング業者において、20歳未満の学生にはたとえ安定した収入があったとしてもお金を融資することはありません。

 

必ず20歳の誕生日を迎えてから、キャッシング業者にお申し込みください。

 

 

銀行のカードローンなら総量規制対象外

銀行のカードローンなら総量規制の対象外となっているため、学生でも20歳を超えていれば年収の3分の1以上のお金を借りることができます。

 

もちろん、親の同意を得る必要はありません。

 

ただし、アルバイトによる収入はそれほど高くないケースが多いため、高額の契約は難しいと考えておいてほうが良いでしょう。

 

ちなみに、学生向けのカードローンを「学生ローン」という名前で販売しているキャッシング業者もあるようですが、使い道に制限がないか、金利は高くないかなどをしっかり調べてから申し込みするようにしてください。