銀行総量規制対象外でお金借りる

銀行のローンは総量規制の対象外です!

総量規制は、基本的に信販系のカードローン、及びクレジットカードに適用される制度です。

 

銀行で取り扱われているカードローンについては総量規制の対象外となっていますので、銀行のカードローンなら年収の3分の1以上の金額でもお金を借りることができます。

 

ちなみに、信販系のカードローンやクレジットカードでのキャッシングは総量規制の対象となっており、お金を借りることができるのは年収の3分の1までとなっていますが、この金額には銀行のカードローンで借りている金額は含まれません。

 

また、銀行で販売されているローンなら、カードローン以外のローンも総量規制の対象外となっています。

 

一般的な銀行だけでなく、ゆうちょや農協のカードローンについても総量規制の対象外です。

 

 

銀行のカードローンを利用したほうが良い?

総量規制により、信販系のカードローンより銀行のカードローンでお金を借りるほうが、当然たくさんのお金を借りることができます。

 

したがって、年収は低いけどたくさんのお金を借りたいという場合は、銀行のカードローンを利用したほうが良いでしょう。

 

また、一般的には銀行のカードローンのほうが金利が低くなっていますので、返済もラクです。

 

ただし、銀行のカードローンには審査が厳しいという難点があります。

 

消費者金融系や信販系カードローンの審査には通ったけど、銀行系カードローンの審査には落ちてしまったという方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかしながら、審査に落ちても特にペナルティなどが科されることはありませんので、まずは銀行系カードローンの審査から受けてみると良いかもしれませんね。