お金借りる時に考える返済方法

返済方法を理解しよう

キャッシング業者からお金を借りると、その後は借りたお金を返済していくことになります。

 

各キャッシング業者によって返済方法が異なっていますので、お金を借りる前に必ず返済方法を確認しておきましょう。

 

リボルビング返済

リボルビング返済とは、毎月決めた金額を返していく返済方法のことです。

 

残高スライド元利定額スライド方式と呼ぶこともあります。

 

たとえば、キャッシング業者などから50万円を借りたとしましょう。

 

返済方法がリボルビング返済である場合、返済額を1万円なら毎月1万円ずつ支払うことになり、何回支払うかという点については設定しません。

 

分割払いのように月々の返済額が上下することがありませんので、返済負担を一定に保つことが可能です。

 

元金定額返済

元金定額返済とは、毎月の元金返済額を一定にすることで、返済回数を重ねるほど利息の支払いが少なくなる返済方法のことです。

 

返済当初は負担が大きいかもしれませんが、元利均等返済と比べると利息を含めた返済額を少なくすることが可能です。

 

元利均等返済

元利均等返済とは、元金と利息を含めた返済額を毎月一定額にする返済方法のことです。

 

常に一定額を返済していくことになりますので、返済計画を立てやすいといえるでしょう。

 

ただし、返済総額については元金定額返済と比較して多くなってしまいます。

 

 

代表的なキャッシング業者の返済方法

代表的なキャッシング業者に返済方法を見てみると、

となっています。

 

金融機関各社の特徴を知って上手にお金を借りましょう。