お金借りる時の保証人と連帯保証人

保証人と連帯保証人の違いとは?

お金借りる時の保証人と連帯保証人

保証人と連帯保証人、似たような名前ですが、その意味には大きな違いがあるということを知っておかなければなりません。

 

ひとつ間違うと大変なことにもなりかねませんので、保証人と連帯保証人の違いをしっかり理解しておきましょう。

 

支払い責任の違い

保証人と連帯保証人の大きな違いといえば、やはり支払い責任の違いでしょう。

 

お金を借りている人の保証人になった場合、お金を借りている人の返済が滞ってしまったときには保証人に返済するよう催促がきます。

 

しかしながら、取り立てについてはお金を借りている本人が優先されるため、本人より保証人に先に返済の催促が来ることはありません。

 

保証人のもとに取り立てがきた場合、お金を借りている本人から先に取り立てするよう促すことも可能です。

 

一方、連帯保証人はお金を借りている本人の同等の扱いを受けることになります。

 

つまり、お金を借りている本人に支払い能力がないと見なされれば、本人より先に連帯保証人に返済の催促をすることもあるのです。

 

キャッシング業者の利用には基本的に保証人を立てる必要はありませんが、念のため利用条件を確認しておいたほうが良いでしょう。

 

以下でアコムを例に挙げてみたいと思います。

 

アコムでお金借りる

アコムの貸付条件を見てみると、「保証人不要」としてあります。

 

もちろん、連帯保証人についても用意する必要はありません。

 

アコムからお金を借りるのに必要なのは、運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)、お借入総額により収入証明書(源泉徴収票)、個人事業主は確定申告書などの写しも必要となっています。

 

 

⇒アコムでお金借りるならこちら!