お金借りる,自営業

自営業でもお金を借りられる?

自営業でも借りられる?

自営業をしている人でも、カードローンを利用することはできます。

 

自営業の人がカードローンでお金を借りる場合、事業資金として利用するなら総量規制の対象とはなりません。

 

したがって、年収の3分の1以上の金額でも、契約額の範囲内ならお金を借りることができるでしょう。

 

ただし、事業目的以外にお金を使用する場合は総量規制の対象となってしまいますので、十分ご注意ください。

 

ちなみに、銀行が販売しているカードローンなら総量規制の対象外となるため、事業目的以外でも年収の3分の1以上のお金を借りることができます。

 

 

自営業で必要な書類

個人でお金を借りる場合は身分証明書類と収入証明書類が必要となりますが、自営業の場合は源泉徴収票や給与明細などの収入証明書がありません。

 

したがって、自営業の人がキャッシング業者の審査を申し込む場合、起業している自営業者の場合は前年度分の確定申告書、個人事業主の場合は青色申告決算書もしくは収支内訳書が必要となります。

 

これらの書類はコピーでも構いません。

 

事前に用意しておけば、スムーズに審査が進むでしょう。

 

ちなみに、身分証明書は個人での申し込み時と同じように免許証や保険証でOKです。

 

また、キャッシング業者によっては事業計画書や事業の内容を証明する書類(発注書や納品書など)の提出が求められることもあります。

 

事業計画書は、キャッシング業者がフォーマットを用意していることが多いので、特に指定がない場合はそちらをご利用ください。

 

 

⇒お金借りるなら気を付けたい3つのポイントとは?