無職でお金借りる時と総量規制

無職では契約不可です!

無職でお金借りる時と総量規制

無職の方の場合、安定した収入が得られないということになります。

 

仕事はしていないけど、競馬やパチンコで毎月一定額の収入を得ているという方もいらっしゃるかもしれませんが、これらの射幸行為は安定した収入とは認められていません。

 

そのため、カードローンでお金を借りることはまず難しいとお考え下さい。

 

安定した収入と判断されるのは、給与、年金、恩給、定期的に受領する不動産の賃貸収入などによる収入とされていますので、覚えておきましょう。

 

ちなみに、無職の専業主婦は、夫の同意さえ得ていればカードローンでお金を借りることができます。

 

 

無職でも利用できるカードローン

会社によりますが、無職であったとしても、おまとめローンなら契約することができます。

 

カードローン業者に借入残高があり、毎月貯金を切り崩して返済を続けているという無職の方の場合、おまとめローンで債務を一本化することにより、返済負担が楽になるかもしれません

 

また、銀行が販売している各種ローンは、総量規制の対象外となっています。

 

つまり、無職の方でも銀行のカードローンならお金を借りることができるのです。

 

ただし、最近では銀行のカードローンでも無職の方との契約は断っているところが多くなっているようですので、まずは安定した収入を得られるように何か仕事を始めることをおすすめします。

 

ちなみに、総量規制という法の網をかいくぐって、無職の方にもお金を貸しているカードローン業者が実在しているようですが、このようなカードローン業者の利用はあまりおすすめできません。