消費者金融総量規制対象でお金借りる

消費者金融は総量規制の対象です!

消費者金融総量規制対象でお金借りる

消費者金融が販売しているカードローンは、基本的に総量規制の対象となっています。

 

したがって、各消費者金融が定めている最大融資額で契約できるとは限りません。

 

総量規制が施行されたことによって、個人でお金を借りる場合、1年間に得た収入、つまり年収の3分の1までしかお金を借りることができないのです。

 

例をあげるなら、最大融資額を500万円に設定している消費者金融のカードローンに申し込んだとしましょう。

 

もし年収が300万円なら、最大融資額の500万円を借りることはできません。

 

借りることのできるお金は、年収300万円の3分の1、100万円までとなります。

 

ただし、もし他の消費者金融からお金を借りていたり、クレジットカードでキャッシングしている場合、すべての借入残高を合計して100万円までしか借りることができませんので、十分ご注意ください。

 

クレジットカードはキャッシングのみが総量規制の対象です。クレジットカードでのショッピングは総量規制の対象外となるため、年収の3分の1を超える金額でも借りることができます。

 

 

消費者金融でも総量規制対象外となることも

消費者金融でも、総量規制の対象となるのはカードローンです。

 

おまとめローンについては総量規制の対象外となるため、特に気にする必要はありません。

 

また、総量規制は個人での利用にのみ適用されますが、個人で事業資金として消費者金融からお金を借りる場合は総量規制の対象外となります。