お金借りる審査落ち

審査に落ちた理由は?

お金借りる審査落ち

審査を通過する方もいれば、通過できずに審査落ちしたという方ももちろんいます。

 

では、どのような理由があってカードローンの審査に落ちたのでしょうか。

 

その原因を、以下で詳しく見ていきたいと思います。

 

 

理由その1 年齢制限に引っかかった

審査時には、免許証などで年齢の確認も必ず行われます。

 

キャッシング業者の審査に申し込むほとんどの方が20歳以上だとは思いますが、念のため20歳未満の人は利用できないということを頭に入れておきましょう。

 

理由その2 収入がない

収入がない場合、当然キャッシング業者に審査落ちの理由になります。

 

収入がある場合でも、毎月安定した収入でなければ審査に受かることはありません。

 

ちなみに、ほとんどのキャッシング業者ではアルバイトやパートで収入があればOKとされています。

 

理由その3 他社に年収の3分の1の借り入れがある

信販系のカードローンでお金を借りる場合は総量規制が適用されるため、年収の3分の1までしかお金を借りられません。

 

したがって、すでに他社の信販系カードローンで年収の3分の1の借り入れがある場合、審査落ちの理由になります。

 

審査に落なかったとしても、新規でお金を借りることはできないでしょう。

 

理由その4 ブラックリストに登録されたことがある

これまでにブラックリストに登録されたことがある場合、審査落ちの理由とされてしまいます。

 

ブラックリストが解除されるまでに5年から10年かかると言われていますので、その間は審査に受かることはないでしょう。

 

 

⇒お金借りるなら気を付けたい3つのポイントとは?